インタビュー

リアルインタビュー!第1回 八戸事業所Sさんの場合

八戸事業所利用者 Sさん 30代 男性

私は体の左側に麻痺がある障害をもっています。自分で歩いたり食事をしたり、ひと通りの行動はできますが、細かな手作業や立ち仕事はちょっと苦手です。3年ほど前から、パソコンを使った仕事ができるということでアリスさんを利用し始めました。いまは主に、依頼された会社からの書類データの一部をパソコンを使って切り取るようなデータ作成業務をしています。

実は前に、別な就労継続支援事業所で手作業でものを作る仕事をしていたんですけど、バザーがあったりするとノルマが大変でした。でも、アリスさんではいつまでに仕事を仕上げるという目安はあっても、1日にいくつ、みたいなのはないので安心して取り組めています。あと、どうしても普通の人より疲れやすいんですが、つらい時はスタッフの方が声がけしてくれて少し休憩できるので助かります。スタッフの方とも普段からたわいもない会話をしやすい雰囲気で、ホッとしますね。

ちなみにアリスさんは街なかにあってバス停も近いので、私にとって初めてのバス通勤をするようになりました。そのおかげで、あ、このバスはこの道を通るんだとわかったり、たまには帰りに街なかで寄り道したりするようになりました。普通の人にしたら何でもないことかもしれませんけど、自分にとっては、視野とか時間の使い方がすごく広がった実感があって、それもアリスさんに来てよかったことだと思います。

インタビュー

トップへ戻る